読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将来どうする?

僕は今、とある大学の2回生(理系)をやっています。

 

もうそろそろ3回生になり、そろそろ学部卒業後の進路について、嫌でも考えなくてはいけなくなってきたわけです。

 

まわりを見渡すと、理系ということもあり、院に進学して、修士をやってからどっかしらの企業に理系就職というパターンが王道であり、そのようなテンプレを目指すんだっていう人がほとんどです。

 

確かに、理系で修士までいけば、就職には困らないし、日本で人生を歩むのに一番手堅い選択だと思うし、僕もその道を選ぶ可能性が高いです。

 

ただ、ひとつ気にかかることがあるのです。


果たして、そうやって選んだ進路と一生付き合っていくことができるのか?


途中で飽きたりしない?


辛くならない?


もし、いい人に巡り合わずに生きていくとしても、その進路で、独りで、幸せになれる?


人間ひとりひとり、違う趣味や考え方、今まで歩んできた人生があるのに、なぜか、大学受験や就活という場面になると、みんな同じようなテンプレに沿った人生を歩むのが当然のような空気感に押されて、ほとんどの人がそのような道を選びます。


心の底でやりたいことからずれている人は少なくないと思います。


他人の世話を焼いていてもしょうがないので、自分の場合を考えると、やはりなんか自分が望んでるのとは違う人生に、意思もなく進むゾンビになってしまうような気がして、こわいです。


そこで、自分のやりたいことをやろう。自分の気持ちに素直になろう。と思うわけです。


実際、世の中には、今まで行ってようなテンプレから外れて、自分のやりたい事やろうぜ!起業しようぜって言う人。やっている人がいるわけです。


素晴らしいです。


憧れます。


じゃあ、じぶんも同じように、、、


ここで、次の壁にぶち当たります。

現実です。


現実は、そううまくいかなくて、自分の好きなことで飯を食っていける人間なんて限られています。


そういった人たちは、

・そもそも働かなくてもいい、実家が裕福な人(椎木里佳、DAIGOなど)


・世界に一握りだけ存在する天才(マイケルジャクソン、スティーブジョブスなど)


僕は、天才でもなければ、実家はマンションのローンやら保険やらを払うので一杯一杯なわけで、かじる脛は、もう骨しか残ってないです。


じゃあ、どうするのか?


つまらない人生送る?


嫌です。欲が強いので笑



自分がもっともやりたいことは、音楽を作ることです。それこそ、Ariana とかNicki みたいな歌手をボーカルにして、かっこいい曲作りたいです。

(さっきまで現実見てたくせに、夢はでかい)


まあここまではいかなくても、音楽を作るってことは、人生の中で大きな位置を占めている、そんな人生を送りたいです。


そこで、天才でも裕福でない僕は、普通に仕事をしながらも、仕事終わったら音楽を作るみたいな生活がしたいです。


そのためにも、比較的拘束時間のつかない、仕事に就きたいし、趣味に割けるだけのお金を持っておきたいので、学生のうちに、お金貯めておいて、増やす資産の元金をつくりたいなと思うわけです。


だらだら書いた割に、結論が普通だった。笑

でも、すっきりしたから、いいかな。


おわり。